2005年12月26日

最初のエキストラ 12月3日 武田鉄矢さん考

12月3日のエキストラの中でふと思ったこと。。。

白夜行の中で笹垣刑事役を演じる武田鉄矢さんについて考えて見た。
原作を読んでいてまさか笹垣刑事に武田鉄矢とは思わなかった。イメージとしてはもっと無骨な刑事一過ぎうん十年といった感じのゴリさんみたいな刑事を想像していた。 またはいかりや長介さん。。。
この日、3日の撮影前半においてはほとんどが彼と山田孝之君の横断歩道のでの意味深なすれ違いシーンだけの撮影をした。あれだけ入念な撮影。。。約5時間も費やしたのだから。。。タイトルバックにでも使うのだろうか?到底解逅シーンではありえないので。。。山田君もほんとに迫力のある演技だった。。それにもまして、ある時期までの武田鉄矢扮する笹垣刑事も迫力ある演技であった。。。

ところで、金八先生が一番はまり役であった武田鉄矢氏。むかーしハンガーでブルースリーのように相手を倒すという刑事役?をやっていたこともあったが、今回はほんとにまじめな?刑事役なのであろう。

ある時期というのは。。。今回の撮影の中では、迫力のある感じの演技が際立ったシーンの撮影の中で、彼のトイレ待ちが一回あった。。。たまたまコンビにがそばにあり、そこにトイレを借りに行くわけだが、トイレが空いておらず、さらに真剣な顔で雑誌を数分間読んでいた。その顔がその日一番の迫力のある顔であった事は間違いない。そこへ、撮影を見学に来ていたヤンママが握手を求めていた。切羽詰っている笹垣刑事は迫力のある顔のまま握手を快くしていたが、そこに金八先生の面影は無かった。その後、無事用をたしたあと、悪いと思ったのか、雑誌を一冊買うように付き人に指示をし、撮影にもどっていったのであるが、その後の笹垣刑事はちょっとすっきりしすぎ、顔に迫力が掛けていたことに気付いたスタッフはいたのであろうか?o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ
【関連する記事】
posted by ピエロ at 21:45| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11063556

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。